Home > 2018年01月

2018年01月20日

読者熱が再燃

 

本を読むのが大好きです。

月に20冊くらい読んでます。

暇さえあれば活字の海を泳いでます。

 

本読んでるか、肉焼いてるか、寝てるか、車運転してるかのどれかです。

アリバイ作りの必要性も無くなってきました。

ハマるとドップリな性格なので、最近は山の文学が多いです。

串田孫一あたりはじっくり読みたいところ。

 

最近のオヌヌメ本。

地図の無い場所で眠りたい。

冒険家、登山家の対談オンリーの本書。

昔、ジャングルには原始猿人バーコンがマジでいると信じ、川口探検隊の川口隊長がピラニアに指食われているのを見てスゲえ!ってマジで思ってた私。

軽いオカルト思想だった少年時代を思い出します。

しかし、この2人は子供ではなく早稲田大学探検部からずっと川口探検隊みたいなことをやってます。

北アルプスの岩の殿堂、2999mの剱岳の山頂にコンクリート積んで3000m峰にしてしまおう計画とか、幻獣ムベンベをガチで追いかけたりと、マジでバカな事ばかり本気でやろうとしているオッサンです。

たしかに、目まぐるしい日常を過ごしていると地図にも載ってないような山岳地帯で一人ぼっちでいることの孤独な時間は、海外旅行やひとり旅とも全く違う最高に贅沢な魅力に溢れてます。

私もその良さに目覚めた1人。

 

仕事には全く関係ない本ですが、好きな事をとことん追求する感じは四六時中料理の事ばかり考えてる私も、彼らからしたら同じバカだと認めてもらえるのかもしれません。

 

ここまで熱中できる何かを持っていられることはとても幸せな事ですね。

 

ゲリラでプリフィクスコース

土日はアラカルト無いですよアナウンスしてます。

が、本当にお任せで良いのだろうか。

たしかに、その時の素材で旨いと思ったものをコースに入れてますが、それは私の押し付けでは無いのか?

サシ入り和牛をオヌヌメせず、バリバリの赤身が僕ちゃんのオヌヌメだよ!って言っていたのと同じく、お任せなんてものは私のエゴを押し付けてはいけないという思考になりました。

そもそも平日のアラカルトもコースにカルトから料理を差し替えて下さる方が大半、というかほぼ100%です。

 

なので、アラカルトの需要というより、食べたいものを選びたいというニーズを汲み取らなくてはいけないのです。

 

巷のレストランはお任せコースが大流行。

フランス料理店とは書きません。あくまでレストランです。

その流れに遅れまい!ってことでは無いんですけど、ずっとモヤモヤしてました。

これでいいのかな…

選べる方が楽しいのでは無いのか…

という事で、私の悪い癖ですが思い立ったらすぐにやらないと気が済まない性格ですので、今夜からいきなりプリフィクスコースに移行します。

あ、価格はそのまま、素材によってのプラス料金はケチ臭いので極力排除します。

 

言葉は悪いですが、仮説と実験と改善の繰り返しです。

このサイクルをいかに高速回転させるかという事ですね。

やはりお任せは私には合わない気がします。

お客様も選ぶの面倒だという方もいるでしょう。

選びたいという方もあるでしょう。

お越しになった皆さん全員がご満足するのは永遠のテーマではありますが、料理自体の精度を上げると共に、使いやすくて楽しくて安いと思ってもらえなければすぐに淘汰されてしまう世界です。

その答えがプリフィクスでは無いのかもしれませんが、モジモジしてても仕方ないので、オーナーシェフの特権として、やると言ったらすぐにやれる機動力で突っ走ります。

 

ランチコースも見直します。

すぐやります。

2018年01月19日

私の趣味は

肉を焼く事なのだ、と今日のディナーで気がつきました。

これはもはや趣味というか、ライフワークなのですよ。

旨い肉が焼けた時のルンルンな感じは、デカイ山に登頂した時の感覚に似てます。

 

ああ、そうか、俺は肉を焼くのが好きなのだ。

そんなことを思った39歳。

インフルエンザ流行ってますね。

明日のディナーでキャンセルございまして、またゴッツリお席あります。

どうやら皆さんインフルエンザとの事。

いやー、気をつけて下さいね。

私はまだインフルエンザとは無縁ですが、凶を引いたのでいつ来るかとビクビクしてます。

 

という事で、お電話お待ちしてます。

今日の賄い

破壊力抜群のオギノチキンです。

隠れキャラ的に裏メニューとしてありますので、ワイルドにいきたい方は是非。

 

小さい骨ならボリボリいけるくらい柔らかく煮込んでからバキッと焼いてます。

 

 

キャンセル出ました

本日、4名さまのキャンセルありまして、テーブル二つ空いてます。

こだわりのアンコウ料理がデビューしてます。

よろしければ。

完成形に近づきました

魚料理って、あまりやりません。

日本人は究極の食べ方を知ってますから。

刺身と寿司ですね。

生が1番だよ説を聞くと、あーこりゃだめだ、となります。

手を加える事が私たちの仕事ですから、生がサイコー!って話になると滅法弱いです。

 

さて、本題です。

フランス料理で好きな魚料理があります。

アンコウのアメリカ風です。

要するにアンコウの身をエビのソースで煮込んだモノです。

シンプルなこの料理は大変難しく、未だに満足いく仕上がりになった事がありませんでした。

 

フランスでもいろんなやり方あって、一通り試してみましたが、やはりしっくり来ません。

意外と完璧に体系化されていると思っていた古典フランス料理にも、改善した方がいいものが混ざってまして、フランス人に質問してもなんでそういう操作をするのか不明で説明つかないものもいくつかあります。

その話はまた後日。

 

青森の良いアンコウが手に入ったので、常連チームのセクシーモモコさんにいつもとやり方変えたものを出して見ることにしました。

 

これが大正解。

なかなか良いキュイソンで、ふっくらと仕上がり、僕ちゃん大変満足、そしてセクシーモモコさんも、

アタシ、ジュルジュルしたわよ、

アンコウに抱かれても良いわよ、

と、大変嬉しい感想。

 

やっと理想のアンコウのアメリカ風が完成しました。

理想のアンコウ料理一品にたどり着くのに10年以上掛かりました。

なので、明日からこれでいきます。

復帰しました

なんでしょう、この開放感。

前に携帯壊れた時と同じく、携帯無くて不安で不安でたまらなくなるのかとと思いきや、なんとも言えないフリーな感じ。

うちの犬が首輪を外したら何だか、カッコよく見えるんですけど、そんな感じに近いかな。

 

車で音楽は聞けないし、電話は出来ないし、メールは出来ないし、エロサイトも見れないんですよ!

 

そのかわりグイグイ本は読めるし、鼻歌歌えるし、アリバイ作らなくていいし、お客さんとどうでもいいがずっと話出来るし。

 

まあ、あると便利だけど何事も依存すると危険だよね。

あるといいけど、なくてもいい。

スマホなんて、そんなもんです。

 

2018年01月18日

携帯を忘れました。

なので私に直接ご連絡いただいていたお客様、本日はお店に直接連絡くださいませ。

返信は家に帰ったらさせていただきます。

すいませーん。

2018年01月17日

常連チームの皆様

本日、招集よろしくお願いします。

 

ガッポリお席空いてて胃に穴が開いてしまいそうですよ!

 

肉を焼きたくて焼きたくてワナワナしておりますので、是非ともお越しください。

 

ヒルクライマー社長、お待ちしてまーす。

 

 

 

Next »