Home > 2018年06月

2018年06月18日

敗退

結果的には去年と同じあたり、ランの18キロでリタイアです。

 

気がついたらメディカルテントで点滴してました。極度の脱水症状と熱中症です。

 

 

今年は今までにないくらい天気が良く、気温も30度を超えたと思われます。

個人的に調子が非常に良く、3.8キロのスイムは自己ベストに近い80分でスイムアップ。

10分で着替えた後、バイクは8時半頃にスタート。

 

ペースは抑えて抑えて後半に備えました。

抑えていてもアベレージ30キロで推移し、これまた非常に調子が良い。

抜かれることはほとんどありません。

バイクは集中的に練習したので成果が出ているのかも。

長崎五島独特の登りか下りしかない山岳中心のバイクコースレイアウトはどれだけ抑えても後半必ず脚にきます。

恥ずかしい話、ラストは道玄坂のような登りでもインナーローなんです。

太陽が昇り、気温がぐんぐん上がった12時あたりから補給がうまくいかなくなり、気温も疲労もピークの150キロ過ぎたあたりから、がっくりペースが落ち始め意識朦朧、液体を採っても吐いてしまい、当然の事ながら固形物は採れません。

 

 

なんとかかんとか手元のサイコンでは180キロのバイク6時間11分でフィニッシュ。

これは自己ベストです。アベレージもこのコースにしてはほぼ30キロで走れました。

今思えば、バイクで突っ込み過ぎたのかも。

無理してる自覚はなかったのですが。

 

この時点で疲労困憊。

トランジットエリアでしばし座り込んでしまい、これからフルマラソンを走らなければならないという絶望感に30分ほど打ちひしがれ、このまま10日ほど休みが欲しいな、すき家で鰻丼食いたいな、エスニックソーセージ売れてるかな、などとどうでもいい事を考えてました。

さて、ランスタート。

何度やっても、どう考えてもおかしい正気の沙汰ではないのですが、やっぱりここからフルマラソンなのです。

 

まさに地獄でした。

ランの開始から全く脚が動きません。

脚が動かないというより、身体が動かない。

身体も動かなければ、内臓はセルフハンガーストライキに入ったらしく、何も受け付けません。

 

食べても飲んでも動いても嘔吐します。

吐いても何も出てこないんでけど。

 

はい、ここ勝負どころです。

ここが脳内ストップがかかる瞬間です。

ここで止めれば良いんですけど、これからがロングの真骨頂。

この焦燥感、猛烈な痛みと吐き気、痙攣、そしてまだフルマラソン走らなければならないという圧倒的な比類なき絶望感。

この痛みがほしくてわざわざ1年かけて来ているわけです。

簡単にやめてしまっては一番美味しい所を残してしまいます。

ここからの地獄ような時間こそがご褒美のような至福の時なのです。

 

 

そんな時、限界まで追い込まれた人間は何を考えてると思います?

あと何キロをどのくらいのペースで行こうか、すれ違った人の人数数えて今何位くらいだろうか、なんてポジティブな事を考えるのはまだ戦えている選手で、アドレナリンやドーパミンがドバドバ出てる選手です。

勝負から降りているにもかかわらず、完走できる見込みもなく、もはや何のためにやっているのか分からない人間はそんなこと考えてません。

はたまた、リタイヤしたらみんなの笑い者だ、このジャージに泥を塗ったヘタレ野郎だ、もう引退勧告だ、なんてネガティヴ思考にもなりませんでした。

 

 

あー、昨日のウニ丼美味かったなぁ、フランス勝ったけど、なんだかスッキリない勝ち方だったなぁ、昨日の飛行機のCAさんがかわい子ちゃんだった…

他にもエロい事を色々と。

この辺りで補給取れてない為に低血糖から来るフワフワ思考となってます。

もの凄くエロい事を考えても、進んでる距離はたった150mくらいなもんです。

 

 

 

そしてその時は突然きます。

片道10.5キロを2時間かけて折り返し、また、同じ道を辿って、途中のエイドステーションで倒れ込んで15分寝て、なんとか起き上がって市内に戻りかけた瞬間、脚が完全に止まりました。

18キロを4時間かけて歩きました。

道端に倒れこんでそのままメディカルテント直行。

 

 

点滴を入れながら、ああ、悔しいけれど、これが今の私なのだ。残念だけど出し切った、やりきった。

そんな事を考えていたように思います。

宿に戻って布団直行。

泥のように寝たら、疲労感もなくスッキリ。

まだやれたのかも。

 

今後トライアスロン続けるかどうか、わかりません。

負ければ引退と言っていた事もあり、どうするのかは静かに考えたいと思います。

 

とりあえず、内臓は復活してきて空腹感が凄いので、まずは回復に努めます。

 

 

 

2018年06月17日

では行きます

 

 

遂に、この瞬間が今年もきました。

練習量でいうと、去年より少ないです。

バイクはロング一回だけ。

プールなんて、一回も行ってません。

ランは登山中心。

 

大丈夫か?

 

やるしかない。

 

今年はタイムや順位は関係なく、とにかく完走。

 

なにはなくとも完走です。

 

そして、こちらに660と入力すると、私の今日のアリバイが表示されます。

 

http://systemway.jp/18goto

 

では、今日も美味しいハンバーグを!

2018年06月16日

眠い

 

ギンギラギンにさり気なく、ジャニーズの重鎮がまた出場さするみたいです。

 

スゲェ高そうなんですバイク乗ってました。

 

 

 

さっきまで、ウニウニと動いていた雲丹丼です。

 

美味かった〜

ウチの天才画伯

父の日ギフト&頑張れオヤジ

を表現したアート。

 

 

曲線は自転車を表しているのか、

それを突き抜ける青はRXジャージを表現しているのか

ほかのわしゃわしゃした細かい線は五島を表しているのでしょう。

 

うむ、天才。

 

息子よ、トーチャンは頑張って来るぞ。

 

2018年06月15日

無意味な緊張と余裕のあいだ

去年の敗退からずっとずっとこの日を迎えることを考えてました。

 

 

楽しみとか恐怖とかいう感情では無く、シーシーしてもとれない奥歯に挟まったパイナップルのカスのような、爪楊枝でも簡単に取れないホタテの小柱のような、イキそうなのに寸止めされるような、出し切ったはずなのに残っているような、いつも感情の奥底でネッチョリと滞留し、ドピュッと全部出したくてもどこか引っかかってスッキリ出し切らないでいるこの行事。

 

昔は死刑執行を待つ囚人の気分でしたが、近年は幾分そうした余裕が出たのかもしれません。

近年、その無意味な余裕が結果にでてるんですよね。

 

 

 

レースといっても、誰かと競う事が目的ではなく、自分で決めた何がしに対して自分が勝手にプレッシャーを感じる、心がざわつく、ムラムラして勃起する、感情に反して勢いあまって射精する、そんな感じです。

 

これから登るであろう巨大でそそり立ったイチモツの様な山、亀頭のカリのようなオーバーハングの岩壁を見て、あそこまで行くのか、いけるのか?

という感覚に似ています。

 

今年、完走できなければトライアスロンから足を洗うと決めていることもあります。

 

そうなったとしても、悔いのないの無いよう、RXのジャージで身を包み有終の美を飾って参ります。

 

なんでこんな思いまでして続けるのかはよくわかりません。

いい波を求めるサーファー、自転車に乗るサイクリスト、山屋に意味なんて無いんです。

 

 

 

では、行ってまいります。

 

 

 

 

 

 

“動物が生きてゆくのなら、食物があればいいだろう。食物と、眠ることのできる場所があれば。しかし、人間はそうじゃない。衣、食、住を満たされていれば、何も考えずに、何も行動をせずに生きてゆけるというものじゃない。人間が生きてゆくというのは、もっとそれ以外のもの、もっと高い場所にあるのもを求めて行くことではないか。

単に、長く生きることが、生きることの目的ではないのだ。これは、はっきりしている。人間が生きてゆく時に問題にすべきは、その長さや量ではなく、質ではないか。どれだけ生きたかではなく、どのように生きたかが、重要なのだ。生は、長さではない。”

 

夢枕獏

 

2018年06月14日

今日からオランダ産

 

フランスがそろそろ終わりますので、産地が少し上がりまして、オランダ産になります。

 

 

激太になってます。

 

オランデーズソースだけという男らしい皿になります。

 

オランダ産だけに。

クスクス・ダニョ

夏野菜を見ると、食べたくなります。

当たり前ですけど。

 

どうやったら一番美味しいか。

クスクスですね。

 

これが一番旨い。

クスクスは肉を食う料理ですけど、わたし的には野菜を食べる料理でもあります。

 

もっと言ってしまえば、素材からでるエキス、すなわち水分を楽しむ料理であると思います。

 

必要最低限しか水分を入れず、肉や野菜を入れることで素材から水分が出、その水分で煮込まれていくので、仕上がった時の味が濃く、非常に深い。

 

このダシが全てでして、肉や野菜はダシガラであるとも言えます。

 

もちろん、一番美味しい時に肉も野菜も食べてもらいますのでスカスカでは無いのですが。

 

この料理は個人的に大好きで、ガキが産まれる前は家でもよく作りました。

 

フランスの定食屋メニューっぽいポジションの料理ですが、ウチみたいな普段使いのお店ならちょうどいいでしょう。

 

夏野菜が美味しい時期はメニューに載せ続ける予定です。

2018年06月13日

今年は

ネット生中継が、ないようです。

http://gototri.com

 

ただ、ナンバーでの検索は可能なので、ワールドカップのハーフタイムにでもみてください。

 

660番です。

 

 

お久しぶりです

 

家に帰ると、だいたいこんな感じでお迎えします。

 

よくある、

お帰り!えへ、えへへへ、遊んで遊んで!

オヤツくださいよ!旦那!

 

って言う歓迎の挨拶は特にありません。

2018年06月12日

瓶詰パテ

以前、ここにも書きましたが、パテ、テリーヌ類の賞味期限を長く設定したいのです。

 

現在は大体5日から7日前後です。

100gカットなので食べきりサイズでは有りますが、なかなか大きいというお声も頂きます。

もっと小さいサイズでの販売も考えました。

そうなるともっと期限は短くなるし、ビニールのパックも大量に消費します。

毎日、300枚以上使ってるのかな?

1カ月で10000枚。

一年で12万枚。

10年で120万枚。

おいおい、この量のビニール作るのにどれだけ負荷かかってるの?

 

 

実は私の気になる点はこのビニール袋なのです。

もちろん衛生的で持ち運びも管理も簡単なので、ずっとこれまでパックでやってきましたが、ずっとずっとこのビニール袋が気になってました。

 

やれ無添加だのオーガニックだのと耳に心地よいワードを吐いてきましたが、これだけのビニール袋を使っているのに、それを語る資格があるのか?と。

 

惣菜に至っては、毎日毎日大量のプラパックに商品を詰めて出荷してます。

中身食べたら、ただのゴミです。

 

自治体によっては回収とリサイクルをしていますが世田谷区で言うと、処理場の問題から燃えるか燃えないかだけで分別してます。

 

 

そもそもビニール袋にテリーヌ詰めなくてはいけないのだろうか?

惣菜は使い捨てパックでいいのか?

パックはリサイクルされたものを使うようにしたいと考えてますが、それはただの対症療法に過ぎません。

ゴミを出さないように努力しなくては意味がないのです。

いや、ビニールゴミが出ない商品にしなくてはダメです。

惣菜も理想的な形は、朝出勤前に預かったお弁当箱に詰めてお昼にお渡しするってのが一番なのですよ。

なかなか難しいんだろうけどね。

だれか、そんなビジネス一緒にやりませんかね?

 

 

 

と、1人で悶々と思ううち、やはりガラス瓶での製造をしなくては、と思い立ちましてパテのネタをガラス瓶に詰めて焼き、一定期間保存した後、製品中の細菌の数を測定する検査機関に出しました。

一般的にそういう第三者機関から出された数値を目安にメーカーが賞味期限を設定します。

 

30日経過、大腸菌とか全部陰性、なんの細菌も出ず。

45日経過、同じ結果。

 

まさか、ここまで無添加で持つとは思ってなかったので、経過観察はここまでですが、ひょっとしたら2カ月持つのかもしれません。

検査機関からは、これだったら40日とかでもイケんじゃね?

って回答でした。

レストランだったらテリーヌの2カ月熟成とか普通にやりますしね、、

 

 

晴れて長い賞味期限が設定できるとお墨付きをもらいましたので、試作とオペレーション構築したのち、今月末か来月頭には無添加パテをリサイクル可能なガラス瓶にて販売しようと思います。

 

うちのガラス瓶を店頭にリバースしてくれた方には何かオマケしたいとも考えてます。

自治体のゴミに出してもリサイクルしてくれますしね。

どっちでもいいですけど、ウチとしてはリバースしてくれると瓶代が浮くので嬉しいっす。

中身新品ですけど、蓋が使い込んでる感あるパテってカッコよくないすか?

という価値観をうちのお客さんなら持ってくれると信じて…

 

お客様で保冷剤をたくさんリバースしてくれる意識の高い方もたくさんいるので、そうした方にもオマケシステムを考えたいです。

 

 

賞味期限ながいので、贈り物にも良いですし、空気に触れにくいので家でちびちびと熟成させて育てながら食べるもの良いですね。

簡単には腐りませんから。

 

瓶詰めにすると、量が増えます。

おそらく400グラムか300グラムくらいになります。

しかも、量が多いので一個あたりの値段が上がります。

グラム単価で考えると安くなるんですが。

 

なので、来店頻度が減るやも知れません。

 

だとしても、このままの状態でやり続けて行くことに意味があるとは思えません。

 

原因の一部になるのか、解決の一部になるか、2つに1つ。

 

それで事業継続出来ないならば、そもそも私たちに意味や意義が無いということです。

Next »