Home > 2018年11月

2018年11月20日

のんびりと

 

何かするわけでもなく、ご飯作って食べて、畑行こうかと思ったけど、やっぱ昼寝して本屋行って、家で子供と遊んで、風呂で本読んで、トイレで太くもない普通のウンコをブリブリとした1日。

 

 

 

本は未読本が5冊以上、車でスタンバッているのに、また買ってしまった。

 

coyoteと言う旅とかアートとかの本。

transitと並んで、私が欠かさず買ってる季刊誌。

この空気感が大好き。

 

 

そして、今更だけどバンクシーをキチンと勉強したくなって、関連本を3冊ほど。

欧米では一番有名なグラフィティアーティストだけど、日本ではあまり知られてないのは作品が無いからか。

 

バンクシーは天才だと思う。

私なりに考察を深めてから。

とにかく、壁と言うパブリックな対象にゲリラ的な手法で強烈な風刺の効いたステンシルを施し、発見され、拡散され、挙句に行政にそれが消される事も織り込み済み。

 

その刹那的な作品性や、おちょくっているとしか思えないような仕掛けは資本主義や美術界的権威に真っ向勝負するのではなく、内側ギリギリの所に入り込んで上手く利用する事で、更に価値を上げている。

これも最初から仕組まれていたと言うことが天才。

 

一体、どうすればこんなアイデアが湧き出てくるのだろう。

作品を作ることが目的ではなく、そのメッセージ性が拡散し、希少性も相まって受け取る側に強烈な問を突きつけるまでが作品なのだろうと考えると、益々天才としか思いない。

そして、天才は金の為に行動しない。

天才は強くて優しい。

 

 

私の近くにも、沖縄でトンカツのような巨大エビフライを食べてる黄色いファサードの天才がいるが、やはりぶっ飛んでいる。

あんな人にオマールエビの尻尾とか出せない。

常識を簡単に破壊し、それを飛び越えた旨いものを軽々と作ってしまう。

 

創造主とは破壊の神なのだ!

と、言うような事をピカソが言ったとか。

ちょっとニュアンス違うか。

 

いいなあ、天才は。

 

 

 

まぁ、私のような凡人には、こういうなんでもない1日ってのが、人生で一番幸せだと思うのです。

 

2018年11月18日

ありがとうごさいます

 

オープン以来のお客様より。

2018年11月17日

決まりました

11周年のメニュー。

 

エスプレッソみたいにギュギュッと絞り出した渾身の料理!、と言いたいところですが、結局は私の好きな料理になるんですね。

 

チラ見せすると、フォアグラと地鶏のバロティーヌとか、ヒラメのフェルナンポワンとかそういう系です。

 

まぁ、こんな料理食べられる店も少なくなってきたので、それはそれで許してください。

 

絶対的に旨いものばかりですから。

 

 

2018年11月16日

ハミ出る鹿

 

50キロ、推定2歳半のメス鹿。

内臓と皮剥いでこの重量なので、元は70キロクラスですかね。

 

 

松セット

完売しました!

 

竹はまだ少しございます。

撮影

NHK、きょうの料理 ビギナーズという五分番組のテキストでした。

 

先日は本家きょうの料理のテキスト撮影でした。

年明けたら番組収録です。

 

 

 

まあ、別に通り過ぎれば忘れてしまう様な話なのですが、

 

 

最近レシピの算出などを多くやりますんで、感覚的に昔よりも料理のレシピが緻密に詳細を書き加えなければいけない空気になっているような…

切り方はざく切りで〜

量はざっくりこのくらいで〜

サッと炒めて〜

というのが許されないと言いますか…

何ミリにカットして、何秒炒めて、何分沸騰させるのか、

テフロンのフライパンにステンレスのヘラは使っていけない、

ガラスの蓋するときは、ズラすと割れるかもしれないのでピッタリで、

みたいな緻密なレシピが必要になっているような気がします。

これって編集サイドからの要求ではなく、最終的な話として、視聴者からの要望やクレームが積もり積もって今に反映されているんですね。

 

そんな事もわからないの?

って言いたいんじゃないんです。

 

なんだか、余りにも窮屈と言いますが、レシピ通りにやらないといけないって言うキツキツな感じで作っても面白くないんじゃないですかね?

 

何事も楽しくないと続かないと思うんですよ。

勿論、ビギナーにはわかりやすく、って思いますが、何においてもこうあるべきだ、こうせねばならぬ、みたいにあんまり決まり事ばかり作るとつまらなくなるのは私だけでしょうか。

最初から完璧求めても疲れるだけ。

別に出来たものが不味くてもいいじゃない。

また違ったやり方でやってみれば。

それはそれで楽しい。

楽しくやってれば、そのうちいい塩梅って感覚がわかります。

楽しくないと続かない。

 

 

テキトーに楽しく手を抜くってのも、たまには良いものですよ。

 

 

なんだか最近の一般向けのレシピ本は結果的に、

面倒だけど作らなきゃいけないから、とりあえずこの通りにやれば誰でも簡単に作れるよって感じになっているような気がしてなりません。

なんと!

年末セット、松は残り1個!!!!

 

スプリント勝負です!

 

竹はまだ15個ごさいます。

2018年11月15日

サザエさんがうるさいので

新メニュー出してます。

 

最近は週2〜3回という驚異的なペースのサザエさん。

ほぼ世田谷区民です。

世田谷までの定期券持ってるとか?

 

しかし、某の空の某というパン屋さんで、愛の激辛クレープの刑に処されて胃が痛いらしいですが、新作あるなら胃痛もなんのその、予約もやぶさかではない、とのこと。

 

 

アンコウです。

アンコウは少し煮込んだ方が旨い。

肉肉しい白身は魚というより肉です。

甘エビのソースで軽く煮込んでプリッと召し上がってください。

いつもプリティな国見さんの奥さんがアンコウ食べたもんだから、お尻まで余計にプリティになって手がつけられません。

あれ以上プリティになってもらっても、これ以上出すものがありませんね。

最後は馬のアレくらいかな。

 

 

伊豆からイノシシと鹿かめちゃめちゃきてます。

今日も2頭来ました。

当分、猪鹿で攻めていきます。

パイ包み、ソテー、煮込み、コンフィ、ハム、テリーヌ、国見さんの奥さん…

イノシシは超高級食材なので、うちみたいな店で使う事は奇跡に近いはずですが、豚肉並みに使いまくっておりますので、この機会に是非。

つっても、当分あるんですけどね。

 

 

 

牡蠣フライはもう食べましたか?

一年に一度は食べておきたいカキフライ。

昔、ランブロワジーでゴリゴリのカキフライにタルタルソースって皿がありましたね。

まあ、どれもフランス料理なので当たり前の食べ方ではありましたが、逆に新鮮でした。

という事で、ウチもタルタルソースに牡蠣のベニエです。

余計なことをするのは辞めました。

そう、シンプルイズベスト。

 

デセールはちょっとアメリカンな焼き林檎です。

シナモンバターでじっくり、国見さんの奥さんくらいまで、トロトロジューシーの甘々に仕上げます。

ジュクジュクしてる熱い割れ目にバニラアイス…

ああ、勃起。

 

 

 

俺、もうすぐ40歳…

いい加減、こういうのは30台でキッパリやめますんで。

 

 

 

2018年11月14日

大事なことを忘れてた

15日の正午から2019年年末セットのご予約開始です。

 

概要のおさらいです。

 

今年は二本柱です。

 

松セット

・レギュラーシャルキュトリー 3〜4人前

・詰め放題デリ付き

¥21600税込

50セット

ご自宅のお重やタッパーなど必ずお持ちください。

今年は販売容器のご用意ありません。

 

竹セット

ライトシャルキュトリー 2〜3人前セット¥10800税込

20セット

デリ詰め放題なしとなります。

 

 

受け取りは

竹セットは13時から17時

松セットは14時から17時

です。

受付はカウントダウンするのでウェブページのみとなります。

お席の予約と同じく、都合良い時間設定していただけます。パニック避けるために時間帯にも人数制限かけてるので時間厳守でお願いします。

 

 

今年も年越しラーメンやる予定ではいますが、数量限定のオマケとして、あったらラッキーくらいに考えてもらえるとありがたいです。

ジャスト70人前って事も出来るんですけど、お連れ様とかでトータル何人前になるかわからず、冬休み前に余らせてもアレなので、売り切れ御免でお願いします。

ただのオマケですが確実なのは早い時間帯の受け取りをご予約いただくのが一番かと思います。

 

 

 

最後に繰り返しとなりますが、松セットのデリ詰め放題はご自宅で食べきれる量をご自分で詰めて頂くスタイルなので、タッパーかカッコいいお重を必ずお持ちください。

 

 

使い捨て容器をなるべく使わないっていうこのスタイルは東京広しと言えど、多分ウチだけだと思います。

容器に金かけて豪華さ出すってのも一つの考え方でしょうけどね。

豪華かどうかは大切なことではなく、正月にママさんをどれだけキッチンから解放出来るか、ってところが大事なんです。

だから、沢山持って帰って、長く色々食べてください。

 

 

ご無沙汰しております。

特に書くネタがなく…

 

まあ、無理して書くものでも無いので、書きたくなったら書きます。

 

書きたいことは山ほどあるんですけど、私は頭が悪いのでまとめるのに時間がかかるのです。

Next »